キャッシング審査に必要な書類「収入証明書」について紹介しています。

キャッシングの審査・融資情報

キャッシング審査の必要書類
[収入証明書]


一般的に50万以下の申し込みについては、収入証明書といった所得を証明するものを提出する必要はない場合が多く、申込書に記載された年収・勤務先・勤続年数を加味し妥当かどうか判断します。
また、個人信用情報機関による他社情報で年収が分かる場合もあるので、記載されたものと整合性を確認します。

逆に50万円を超える申し込みの場合は所得証明書や、源泉徴収票等の提出が必要になります。
年収は高いほど有利ですが、収入そのものより可処分所得の方が審査の判断材料となり、判断方法としては大まかに世帯の人数により生活費を算出し、年収から手取額を算出、生活費と現在の支払額を差し引いた残りの金額を可処分所得として判断します。
この可処分所得の金額により貸出可能額(利用枠)が決定されます。

キャッシング審査の必要書類に戻る
Home


お問い合わせ
友達に教える
copyright(c)
キャッシングの審査・融資情報
All Rights Reserved.
携帯アクセス解析